福井県
越前焼
福井県

平安時代末期に常滑の陶工の技術を導入し焼き締め陶を造り始めたのが越前焼の発祥と言われています。当時は主に壺、甕(かめ)、すり鉢が生産されていました。やがて江戸時代ころからは片口や徳利など、様々な食器類も焼かれるようになり、現在に至っております。越前焼の硬く焼き締められた器は使うほど滑らかな質感になり、使い手を楽しませてくれます。また土物(陶器)ですが丈夫なので日常使いにはお勧めです。

Instagram

※お取扱いが終了している場合もございます。ご容赦くださいますようお願い申し上げます。