岡山県
備前焼
岡山県

歴史は古く、古墳時代から須恵器の生産をしていた陶工たちが、より実用的な器を平安時代から鎌倉時代初期にかけて作り始めたのが備前焼の始まりと言われています。桃山時代には堺、京都の茶人にみとめられた事により、多くの茶器の名品が焼かれていました。現在でも伝統を守り続け備前焼は釉薬を一切使わず、土と炎による様々な景色(窯変)が特徴です。またとても丈夫で使い込むほど味わいが出てきて飽きのこない器です。

Instagram

※お取扱いが終了している場合もございます。ご容赦くださいますようお願い申し上げます。