ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクになります。

ここから本文になります。

関東

益子焼(ましこやき)

江戸時代末期から主に水がめ・火鉢・壷など日用品が製作されていました。1927年より創作を始めた濱田庄司の出現により民芸品が作られるようになり全国に知られるようになりました。益子焼と言うと厚手で素朴な日常使いの器、そんなイメージが定着したような感じがします。現在は個人陶芸作家が多く、伝統的なものから、モダンなものまで、斬新な作品も沢山あります。

中部

九谷焼(くたにやき)

加賀百万石の文化から生まれた、青手・五彩手・金襴手の絵付け様式があり華麗な色絵の磁器が特徴です。普段使いにも飾り皿としても、華やかさを与えてくれる器です。

越前焼(えちぜんやき)

平安時代末期に常滑の陶工の技術を導入し焼き締め陶を造り始めたのが越前焼の発祥と言われています。当時は主に壺、甕、すり鉢が生産されていました。やがて江戸時代ころからは片口や徳利など、様々な食器類も焼かれるようになり、現在に至っております。越前焼の硬く焼き締められた器は使うほど滑らかな質感になり、使い手を楽しませてくれます。また土物(陶器)ですが丈夫なので日常使いにはお勧めです。

美濃焼(みのやき)

現在は様々な種類の焼物が焼かれ全国シェアの50%を占めています。まさに日本のやきものの代表と言っても過言ではありません。

常滑焼(とこなめやき)

平安時代末期より愛知県常滑市を中心とし、その周辺を含む知多半島内で焼かれる陶器。常滑焼といえば、滑らかな陶土を焼き締めた赤い(朱泥)急須を思い浮かべるほど、常滑焼急須は全国的に有名です。あの赤い色は、陶土に含まれている鉄分や陶土に混ぜ込まれるベンガラ(酸化鉄)が発色したもので、常滑焼を特徴づけるものになりました。現在は朱泥の急須だけでなく、黒、緑、茶、黄土など、多様な色が開発されています。無釉焼き締めが基本ですが、釉薬を掛けた物も多く作られるようになりました。一方、工業用タイルや土管などの建築土木関連の製品が多いことも常滑焼の特徴です。また、みなさんがご存知の招き猫の産地としても有名です。

瀬戸赤津焼(せとあかづやき)

瀬戸市街の東方にある赤津地区で焼かれる焼物。桃山時代から江戸時代初期にかけて、志野、織部、黄瀬戸(きぜと)、御深井(おふけ)等、釉薬技法が確立され、当時は尾張徳川家の御用窯として栄えました。現在もその伝統は引き継がれ茶道具や生け花の道具、割烹食器で、手作りの高級品として専門家に高く評価されています。

近畿

万古焼(ばんこやき)

江戸時代に桑名の豪商・沼波弄山(ぬなみろうざん)が窯を築き、自身の作品が後世に引き継がれる事を願い、「萬古不易」の印を器に押した。これが萬古焼発祥と言われています。その後多くの名工たちが育ち、現在に至っております。萬古焼は耐火性に優れた葉長石を使用している為、土鍋や急須の生産が盛んで、特に土鍋は国内シェアの7割を占めています。また、夏の風物詩である豚を模した蚊やりの産地としても有名です。

信楽焼(しがらきやき)

信楽ならではの土味を生かした無釉陶器が特徴です。室町時代には茶道具として村田珠光が取り入れた事によりとても珍重された焼物です。現在では様々な釉薬を使った信楽焼も増えましたが土味の良さをちゃんと残しております。みなさんがご存知の狸の置物の産地としても有名です。

京焼(きょうやき)

安土桃山時代から作られている格調高い陶磁器。仁清や乾山の出現により黄金期を迎えた京焼は、その後も伝統を引き継ぎ現代に至ります。一つ一つの繊細な仕事が京焼には感じられます。

丹波焼(たんばやき)

瀬戸、常滑、信楽、備前、越前とともに日本六古窯の一つに数えられ、その発祥は平安時代末期から鎌倉時代のはじめといわれています。当時は壺や甕(かめ)・すり鉢などが主製品でしたが、江戸時代前期小堀遠州等の指導により、茶器類に多くの名器を生み丹波焼の名を高めました。現在では灰釉や鉄釉などによる素朴で飾り気がなく野趣味たっぷりな様々な日用雑器の生産が主体になっております。

中国・四国

備前焼(びぜんやき)

歴史は古く、古墳時代から須恵器の生産をしていた陶工たちが、より実用的な器を平安時代から鎌倉時代初期にかけて作り始めたのが備前焼の始まりと言われています。桃山時代には堺、京都の茶人にみとめられた事により、多くの茶器の名品が焼かれていました。現在でも伝統を守り続け備前焼は釉薬を一切使わず、土と炎による様々な景色(窯変)が特徴です。またとても丈夫で使い込むほど味わいが出てきて飽きのこない器です。

萩焼(はぎやき)

山口県萩市一帯で焼かれる陶器。慶長9年(1604年)、広島から萩に移封された萩藩初代藩主毛利輝元の命により、朝鮮人陶工「李勺光(山村家)」「李敬(坂家)」の兄弟が松本村中の倉に開窯したことが始まりといわれています。古くから「一楽二萩三唐津」と謳われるほど、茶人好みの器を焼いてきたことで知られる焼き物です。土と上掛けする釉薬の具合によって生じる「貫入」が特徴で、長年使い込むとそこにお茶やお酒が浸透し、何とも言えない味わいを見せます。現在は茶陶だけではなく食器も盛んに焼かれています。

九州

小石原焼(こいしわらやき)

福岡県朝倉郡東峰村にて焼かれる陶器。江戸時代前期に黒田藩藩主によって開かれた、筑前(福岡県西部・北部)最初の窯です。当時は大型の甕、壷、徳利等の磁器を焼いていましたが、18世紀初めから陶器が焼かれるようになり、小石原焼と呼ばれるようになったと言われています。刷毛目、飛び鉋、櫛描きなどの技法によって表現される幾何学的な文様と、素焼きを行わず釉薬を流し掛けるのが特徴です。現在も昔とあまり変わらぬ技法で日用雑貨や花器など様々な物が焼かれています。

有田焼(ありたやき)

17世紀初頭に朝鮮人陶工、李参平らによって陶石が発見され、日本初の磁器が焼かれた産地です。当時はその積み出しが伊万里港からなされていた事から、「伊万里」とも呼ばれます。江戸時代後期に国内で磁器生産が行われるまで、長期にわたり磁器の生産を続けていました。現代でも磁器を中心に、華やかな色柄や染付を特徴とした様々な物が焼かれています。また磁器は陶器よりも硬く丈夫で吸水性もないので日常使いにはお勧めです。

唐津焼(からつやき)

佐賀県唐津市周辺で焼かれている陶器。唐津焼の魅力のひとつは硬く焼き締まった土の味わい。描かれている文様は身近にある草や木や鳥など野趣に富んでいます。あえて書き込まず、絵と余白の絶妙なバランス、釉薬の様々な表情も見どころです。唐津焼では、よく使い込んでいく中で器が育つといわれます。永く大切に使うことでその器が少しずつ完成されて行くのを楽しむことができます。

  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国・四国
  • 九州

ページの終了になります。

ページの先頭へ戻ります。